大会テーマ
Real World Dermatology
会期
2019年9月7日(土)・8日(日)
会場
高知市文化プラザかるぽーと
会長
佐野 栄紀(高知大学医学部皮膚科学講座 教授)

ポスター賞

金賞

演題番号 演題名/筆頭演者/(所属機関名)
80 Intravenous Large B-Cell Lymphoma 疑診例に対するスコアリングと老人性血管腫生検の併用の有用性
水野 隼登(広島大学)

銀賞

演題番号 演題名/筆頭演者/(所属機関名)
142 難治性の慢性蕁麻疹(CSU)におけるオマリズマブ(OMA)導入前後での薬剤費の検討
松原 大樹(広島大学)
1 免疫チェックポイント阻害薬中止後もCRが維持できたメラノーマ8例
和田 尚子(九州がんセンター皮膚腫瘍科)

銀賞

演題番号 演題名/筆頭演者/(所属機関名)
13 帯状疱疹に合併するヘルペス性髄膜炎・脳炎の危険因子
中野 敏明(聖路加国際病院)
83 Galectin-9とFoxp3免疫組織化学染色によるATLL治療後のcutaneous adverse reactionsの再評価とリスク因子の検討
樋口 真帆(長崎医療センター)
21 Pazopanibによりネフローゼ症候群を来した頭部血管肉腫の1例
田代 朋子(産業医科大学)

What's new

  • 2019.09.18E-learning受講お申し込みを開始いたしました。
  • 2019.09.10本大会は、多数のご参加をいただき、お陰様をもちまして盛会のうちに無事、全日程を終了することができました。
    ひとえに皆様方の多大なるご支援とご協力の賜物と、心より厚く御礼申し上げます。
    誠にありがとうございました。
  • 2019.08.23E-learningのご案内を公開いたしました。
    9月18日(水)正午より受講申込受付を開始いたします。
  • 2019.07.29参加者の皆様へ座長・演者の皆様へを公開いたしました。
  • 2019.07.11プレスの皆様へを公開いたしました。
  • 2019.07.01プログラムを更新いたしました。
  • 2019.06.03託児室を公開いたしました。
  • 2019.05.31採択演題一覧を公開いたしました。
  • 2019.05.07一般演題の受付を終了いたしました。
    指定演題の受付期間を5月15日(水)正午まで延長いたしました。
  • 2019.04.23一般演題指定演題の受付期間を5月7日(火)正午まで延長いたしました。
  • 2019.04.09一般演題指定演題の受付期間を4月23日(火)正午まで延長いたしました。
  • 2019.03.22プログラムを公開いたしました。
  • 2019.02.27指定演題の受付を開始いたしました。
    宿泊案内を公開いたしました。
  • 2019.02.13一般演題募集の受付を開始いたしました。
  • 2019.02.07演題募集 を公開いたしました。
    2月13日(水)正午より、一般演題の受付を開始いたします。
  • 2019.01.29ホームページを公開いたしました。

事務局

事務局長:中島 英貴(高知大学医学部皮膚科学講座 講師)
高知大学医学部皮膚科学講座
〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮

運営事務局

公益社団法人日本皮膚科学会内 総会・学術大会チーム
〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-4
TEL:03-3811-5079/FAX:03-3812-6790
E-mail:wjda71@dermatol.or.jp